トマトと野菜の農園教室


3月7日日曜日に開催した「トマトと野菜の農園教室」です。

お天気が心配でしたが一日もってくれてよかったです。


3密回避のために、1回5組に限定して開催しています。

ハウスは常に換気してますし、みなさんマスクを着用いただいています。

これで晴れていたら暑かったでしょうから、曇りでちょうどよかったかもしれません。

なにせハウス内はすぐ30℃近くまで気温があがりますからね。


この回は4人の方に参加いただきました。

3月、4月は苗づくり教室を行っています。


教室では1人で12個のポット苗を作ります。

ポットはホームセンターでよく売られている苗と同じ3号(直径9cm)のサイズです。


種は下の種類のものを用意しています。

・大玉トマト 「麗容」

・中玉トマト 「フルティカ」

・ミニトマト 「千果」

・ナス    「千両」

・きゅうり  「夏すずみ」

・ピーマン 

・オクラ

・ブロッコリー

・キャベツ

・レタス

・バジル

・ローズマリー

・イタリアンパセリ

・ラベンダー


この中から自分の作りたい種を12個選んで植えていきます。

ミニトマトばかり5個も植えている方もいましたし、ハーブ類中心に植えている方もいます。

なんでも好きな組み合わせでOKです。



写真のように1ケース12個分土を入れて、植えていきます。


植えた苗はこれからこちらの温室で管理をします。

苗は20℃~25℃くらいに暖かく管理してやらないと発芽が出そろわないので、ハウス内の温床設備においておきます。

毎日、土が乾かないように水をあげて1週間ほどで芽がでます。


参加者さんには継続してその様子を見に来てもらって、休みの日には水やりをしてもらいますが、平日はなかなか毎日来るのは難しいでしょうから私たちで水をあげます。

そして1か月~2か月で苗として完成して、植えられる状態になります。

今種まきしたものがだいたい5月の連休の頃にはトマトも植えられると思います。


そうしたら、作った苗を自宅に持って帰ってもらって畑に植えるでもよし、

もし家にスペースがない方は、私たちの畑の一角を1坪ほど区分けするのでそちらに植えてもよし。

一緒に栽培を楽しんでもらえたらなと思います。


コロナ禍でみなさんいろいろ楽しみも制限されていると思いますが、

密にならないよう気を付けて感染対策をしっかりしていれば、

畑で太陽の光を浴びて、体を動かして、野菜を植えて、成長していくのを楽しみに観察して、採れた野菜を美味しく食べれば、こんな健康なことってないですよ!

53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2021  Tomato Sommelier Association Japan

  • Twitter